鬱は他人ごとじゃない

鬱 チェック

 

 

自分が鬱であるかどうかは,病院などに行って「鬱の診断」を行ってもらうことにより,
わかります。
しかし,病院に行くまでに「わたしは鬱なのだろうか」と疑問を抱いた時などに,軽く
鬱のチェックができるととても便利です。
そのような鬱のチェックの方法はあるのでしょうか。

 

自分が鬱かどうかわからない場合に,早めに鬱のチェックを自分で行うことで,「自分は鬱で
ある」ということを早期発見できるので,そのぶん治療も早く受けることができます。
鬱のチェックのポイントとしては,「とても憂鬱な気分になってしまって,何に対しても
興味が湧かず,やる気が起きてこない」というものがあります。これは,鬱の症状の中でも
比較的多くみられるものです。
また,「最近,なかなか眠ることができないのに朝早く目覚めてしまう」ことや,「この頃,
食欲が湧かない」などの鬱のチェックのポイントもあります。
これらの鬱のチェックのポイントは,一見少し体調が良くないだけですぐ治ってしまいそうな
ものだと見過ごしてしまいがちです。しかしこれらの鬱のチェックの項目は鬱という症状の
初期症状によく見られるものです。もし,上記のような鬱のチェックの項目に当てはまるものが
2,3ケ月ほど経ってもまだ症状が続いているようであれば,鬱という病気である可能性が
高いと思ってよいでしょう。

 

さらに,その他の鬱のチェックの項目もあります。
「朝,目覚めた時の気分が非常に落ち込んでいる」という鬱のチェックのポイントや,
「人と話しをする気が起きないし,新聞などを見る気もしない」という鬱のチェックも
あります。これらの鬱のチェックの項目も,鬱の人の症状によく見られるものとして知られて
います。
上記の鬱のチェックの項目に加えて,頭痛がしたり耳鳴りがするなどの身体的な症状も,
鬱の症状によく見られるものです。
その他にも,鬱のチェックの項目はいろいろとあります。
このような,鬱のチェックの項目のことを,「ツング変法」といいます。
この鬱のチェックの項目「ツング変法」で,鬱のチェックをすることにより,重度の鬱に
なる前に気付くことができ,病院へいくなどの処置を取ることができます。

 

この鬱のチェックの「ツング変法」では,20項目の鬱のチェックのリストがあり,それに
「いつもそうである」「時々そうである」「たまにそうである」「滅多にそうではない」
などで答えていくものです。
そして,「いつもそうである」を4点として,それぞれ3点,2点,1点と点数をつけていき,
最後に40点以下であれば欝の心配はなし,60点以上であれば重度の鬱である,などで
鬱のチェックをすることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

鬱 原因

 

鬱の原因には,いろいろなものが考えられます。
では,鬱の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

鬱とは,なにも特別な病気ではなく,誰でもかかってしまう可能性が常にある心の病気です。
そして,鬱のような状態というものは,誰でも経験したことがあると思います。
例えば,鬱の原因というものがハッキリしている場合があります。
自分の周りでの環境がガラリと変わってしまったことにより,その環境の変化に馴染めずに
なんだかやる気が起きない…などという鬱の原因もあります。
このような鬱の原因の場合は,本当に誰にでも起こりうるものであるといえます。
さらに,親しい人を亡くしてしまった事が鬱の原因になることもあります。
このように,ハッキリとした鬱の原因があることもあれば,あまりハッキリとした鬱の原因が
思いつかない場合もあります。
そのような場合は,もともとなんらかの鬱の原因となるものがあり,鬱の状態に入ってしまい,
それがそのまま本当の鬱病に悪化した…という場合が考えられます。
たいてい,鬱の原因となるものがあり,鬱の状態に入ってしまっても,2,3週間ほどで,
鬱の状態から立ち直るものです。
しかし,それ以上の時間が経っても全く鬱の状態が改善せず,それどころか悪化していき,
自殺願望などが出てくるようになれば危険信号です。

 

その他,鬱の原因として考えられるものに,アルコール中毒などの依存症などがあります。
また,アルコールでなくとも薬物による依存症も鬱の原因になることがあります。
また,パニック症候群などを持っている人も,それが鬱の原因となることがあります。

 

鬱の原因として性格というものも挙げられます。
たとえば「鬱になりやすい性格」というものもあります。
人に気を使って,我慢してしまうタイプの人などは鬱になりやすい性格かもしれません。
また,人の目を気にしすぎてしまうことも,鬱の原因としてかんがえられます。
さらに,もともとの性格がマイナス思考で,なにか起こったときにすぐに自分を責めて
しまったりするタイプの性格も鬱の原因となりやすいものです。

 

その他に,鬱の原因になりやすい環境というものもあります。
上記にも述べたように,急激な環境の変化などは鬱の原因となりやすいのです。
結婚や転居,退職や出産など,環境が変わり過ぎたために,鬱になってしまうことも
多々あります。
また,昇進したりして,とても責任が伴うような環境の変化も,ストレスとなってしまい
鬱の原因になることもあるでしょう。


Fatal error: Class 'mysqli' not found in /home/m030c285/public_html/adelgazandohoy.info/autolink/mysql.php on line 5